本文へスキップ
sapporo aeronautic association

○○○○○○○○○○○○○○○札幌航空協会

札幌航空協会 のWEBサイトへようこそ。
 
2018年 
 グライダーは最も「鳥」に近く、基本的な飛行技術を得るのに
 最も適している航空機です。
 真っ青な空を
「鳥のように、自由に飛んで見たい!」と思いませんか。
 そんな素朴な夢を適えるのは、好奇心と探究心そして真摯な向上心です。
 特別な経済力ではありません。
 オイルと草と埃にまみれる仲間達が、あなたを雲の高みへ曳き上げてくれます。

TPICStopics

11月11日(日)今年も新篠津の空に、閉店のチャイム(蛍の光かな…?)が鳴り響く。
去年に比べると比較的暖かな格納日に7名が参集しました。


11月3日(祝)穏やかな秋晴れに会員9名と、大挙6名のゲストが参集。ウィンチのマイナートラブルも乗り越え、賑やかで楽しい一日になりました。
空撮にもトライ、ショートファイナルのASK13(末松さんソロ)を撮りましたが、
及び腰であまり接近できず、小さい画像でごめんなさい。


10月20日(土)名古屋さんMG初搭乗。


10月14日(日):待望の「当麻」訪問を敢行。
発航するASK21を前に、スーパーファルケとロータックスファルケの揃い踏み。


10月6日(土)台風の来襲を明日に控え、フランス製の最新鋭マシン(?)が導入されました。
現在の処、乗りこなせるのは末松さんだけですので、セカンド・パイロットの育成が待たれます。


9月24日(祝)残り少ないシーズンにゲスト2名を迎え、朝の雨とオーバーキャストを乗り越え、11発の運航を敢行。


初秋の風がアキアカネを連れてくる季節・9月最初のファルケ運航日に、お隣ASHの名物コンビ「イヌさん・ネコさん」が来場され、スーパー・ファルケの体験搭乗を楽しんで戴きました。


6月16日(土)復活した新たな装いのファルケで、雲を見下ろす。

6月9日(土)ファルケから、元の所属名が消えます。



5月26日(土)度重なる延期を乗り越えて、SAAのニューカマー:スーパーファルケは、全天の雲が覆う富良野盆地を飛び立ち、今日:新篠津に降り立ちました。


5・13(日)雨の間隙を縫って、ASK-13 (JA100K)の耐空検査フライトを実施。

昨年より、かろうじて1日早い5月6日(日)、2018年の初フライトを果たしました。


2018・4・2:新篠津村滑空場はまだ冬眠中ですが、マガンや白鳥は、北帰行に向けた肩慣らし…?
(翼慣らし…か?)や、燃料補給に余念がありません。
  

新着情報news

2018/11/11
トップページ
スケジュール
掲示板

札幌 航空協会

滑空場:新篠津村北11号
 事務局長:尾山勝彦
(札幌市)

oyama_fa@mui.biglobe.ne.jp
TEL:011-664-8555
携帯:080-5056-8555

WEB管理:鈴木俊幸
mirutomappu@hb.tp1.jp
TEL:090-8903-2292

YouTube
(動画)
sky EZ


00 HA

88MM


History&Archives



新篠津村の公式ウェブサイト


管理人のウェブサイト